【診療科・各種検査】放射線室:取り組み

  • ホーム
  • 【診療科・各種検査】放射線室:取り組み

放射線室の取り組み

 私たちは、患者様に信頼され安心して(放射線室の)検査を受けていただくことをモットーに、次のことに取り組んでいます。

被ばく低減

 まず最初に被ばくによる体への影響には確定的影響と確率的影響の2つがあります。 確定的影響とは、しきい線量(これ以上線量をあたえると体に異常をきたすというボーダーライン)があります。これに関しては通常の検査でしきい線量以上あたえることはありません。次に確率的影響とは、しきい線量がなく線量が増えるほどリスクが増える影響(主に癌など)のことです。
 しかし医療被ばく(病院での被ばく、健診も含みます)による癌の発生率というのは、他の要因(食物、酒、タバコなど)によるものに比べて数パーセント程度しかありません。また医療被ばくというのは患者様に対してメリットが大きい場合のみ選択されるものでということも覚えておいてください。と言いましてもリスクが少ないに越したことはありませんので、当院ではFPD(フラットパネル)など最新の機器などを導入し被ばく低減に取り組んでいます。下記の表が一般撮影(主な撮影部位)の入射表面線量を日本放射線技師会医療被ばく低減目標と比較したものです。

被ばく線量比較表
撮影部位
(撮影方向)
医療被ばく低減目標値
(mGy)
当院の線量
(mGy)
頭部(正面) 3 1.25
頭部(側面) 2 1.12
頚椎(正側面) 0.9 0.36
胸椎(正面) 4 1.66
胸椎(側面) 8 2.30
胸部(正面) 0.3 0.10
胸部(側面) 0.8 0.39
腹部(正面) 3 1.09
腰椎(正面) 5 2.12
腰椎(側面) 15 8.08
骨盤(正面) 3 2.12
股関節(正面) 4 1.20
大腿部 2 1.44
膝関節 0.4 0.16
足関節 0.3 0.06
前腕部 0.2 0.10
手指部 0.1 0.03
グースマン
[骨盤計測]
9 3.21
0歳胸部 0.2 0.02
0歳腹部 0.3 0.02
乳幼児股関節 0.2 0.08

機器管理

放射線室では毎日の検査を支障なく受けていただくため、始業点検・終了点検・定期点検を行っています。これにより機器の精度に問題はないか、また故障があれば迅速に対応できるようにしています。

精度管理の一環として

放射線機器管理士 1名
胃がん検診専門技師 1名
みたき総合病院 産婦人科
みたき総合病院 緩和ケア病棟 なごみ

診療時間のご案内

午前診療 午前9:00〜
正午
※第2・4週土曜日の耳鼻咽喉科は休診
※第5週土曜日の泌尿器科、第2・4・5週土曜日の整形外科は休診
※土曜日の整形外科は特殊外来(身障・労災判定・紹介・入院・他)になります
午後診療 午後4:00〜
午後6:00
リウマチ科 午後2:00〜
午後4:00
(予約制です)
面会時間
月〜金
午後2:00〜
午後8:00
土・日・祝
午前11:00〜
午後8:00
休診
水曜日午後
土曜日午後
日曜日・祝日
年末年始
(12/30〜1/3)
外来診療担当医表
常勤医師紹介
入退院・社会福祉等に関するご相談

関連施設

  • 人工透析センター
  • 睡眠時呼吸障害センター
  • みたき在宅ケアセンター
  • 四日市健診クリニック
小児リハビリのご案内
産前・産後のエクササイズ等のご案内
大腸CT検査のご案内
病診連携によるMRI、CT検査のご利用案内
病診連携によるMRI、CT検査のご利用案内(歯科用)
下肢静脈瘤に対する高周波(ラジオ波)治療
ページの先頭へ戻る