【診療科・各種検査】放射線室:CT

  • ホーム
  • 【診療科・各種検査】放射線室:CT

CTについて

FPD装置 CR装置

どんな機械?

 CTとは、コンピュータ断層撮影法(Computed Tomography)の略で、体の周りを360度管球と検出器が回転し、X線を当てることで体の断面像を得ることができます。また断面の厚さを変えることで細かい病変も見ることができます。また造影検査をすることでより鮮明な画像を得ることが出来ます。
また当院では2009年9月にMDCTを導入いたしました。このMDとはmultidetectorの略で検出器を多列化することにより、広範囲の撮影を短時間で行うことができ、患者様の負担を軽減できます。

CT

このような広い範囲を一回の息止め(20秒程)で
撮影出来ます。

造影剤使用

造影剤を使うことによりクリアな血管像が得られます。

頭部血管造影CT

頭部血管造影CT
主に脳ドック等のMRI検査で異常が疑われる患者様に適用されます。

頭部血管造影CT

MRIと比較して

長所 (1)検査時間が短い。
(2)騒音少ない
(3)圧迫感がない。
短所 (1)被ばくがある。

この検査で何がわかる?

主な検査部位は頭部、胸部、腹部です。

頭部 脳出血、脳腫瘍など
胸部 肺炎、肺結核、肺癌など
腹部 肝癌、膵癌、胆嚢結石、腎結石など
検査時間 単純CT 約10分
造影CT 約10分
上腹部と胸部

お願い

  • (1) 胸部、腹部においては検査着に着替えていただきます。
  • (2) 造影CTの場合は当日の朝は絶飲、絶食でお願いします。検査3時間前までは、水やお茶は飲んでいただいても結構です。

大腸CT検査のご案内

大腸がんは早期発見が重要です

 日本における大腸がんによる死亡数、罹患数は年々増加しており、死亡数は結腸がん、直腸がんを合わせると全がんのうち女性では一位、男性で三位となっています1)。
 また、罹患数についても急増しており、食生活の欧米化が大きな要因と考えられています。
 大腸がんは、早期発見が大変重要で、スクリーニング検査の受診率を上げる事で、予後の改善が期待できるので、無症状の時期に発見することが重要となります。

全国がん死亡数(1958~2009年)

※独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター

全国がん死亡数(1958~2009年)

大腸CT検査とは…

 体内に検査機器などを入れずに、炭酸ガスを注入し腸管を拡張し、CT撮影を行うことにより、大量の画像データにより後から画像処理を行う事により、大腸内の病変を観察する新しい検査法です。

仮想内視鏡画像

 あたかも内視鏡でのぞいた様な画像により、大腸内面を観察します。
 右図では、大腸壁外の情報も併せて仮想内視鏡モードで観察が可能となります。大腸外の情報を得ることができるのがCT検査のメリットです。

air image画像

 注腸X線像に似た大腸がairにより拡張された画像です。様々な角度からの観察が容易に行えます。

仮想切除標本展開像

 肛門から盲腸まで大腸全体をかば焼きの様に筋開きをした画像です。全体の粘膜面の観察が可能です。

仮想切除標本展開像

ワークステーション画像

 専用の装置を使うことにより、上記の様な様々な画像を瞬時に切り替え、病変の検索を行っていきます。

ワークステーション画像

炭酸ガス自動送気装置を導入致しました

炭酸ガス自動送気装置とは?

 炭酸ガスの送気を自動で管理することにより、適切な腸管拡張を行えます。炭酸ガスは腸で吸収されやすく、安定した大腸の拡張と患者様の苦痛を軽減が可能となります。

大腸CTと内視鏡検査の比較

  大腸CT検査 内視鏡検査
メリット 苦痛が少ない。
3次元的に観察できるので、
 大腸の全体像や病変の形状、
 多臓器との位置関係が把握可能。
大腸の外側の情報も把握できる。
直接腸内を観察できる為、
 病変の検出能が高い。
病変があれば組織を採取し、
 検査することができる。
デメリット 組織検査ができない。
病変の色や固さの情報が得られ
 ない。
平坦な病変は検出しにくい。
カメラが腸内を通るため、
 苦痛を伴うことがある。
腸のヒダに隠れている病変に
 ついては死角となる。

検査の流れ

前処置

検査前日に検査食を食べて頂きます。

来院 検査当日

問診や便の状態の確認をします。

鎮けい剤注射

CT室にて腸の動きを抑えるためのお薬を注射します。

検査
  • 炭酸ガスを注入し腹這いと上向きで2回撮影を行います。
  • 所要時間15分程度です。

結果説明

後日、画像処理した検査画像をもとに結果説明を致します。

みたき総合病院 産婦人科
みたき総合病院 緩和ケア病棟 なごみ

診療時間のご案内

午前診療 午前9:00〜
正午
※第2・4週土曜日の耳鼻咽喉科は休診
※第5週土曜日の泌尿器科、第2・4・5週土曜日の整形外科は休診
※土曜日の整形外科は特殊外来(身障・労災判定・紹介・入院・他)になります
午後診療 午後4:00〜
午後6:00
リウマチ科 午後2:00〜
午後4:00
(予約制です)
面会時間
月〜金
午後2:00〜
午後8:00
土・日・祝
午前11:00〜
午後8:00
休診
水曜日午後
土曜日午後
日曜日・祝日
年末年始
(12/30〜1/3)
外来診療担当医表
常勤医師紹介
入退院・社会福祉等に関するご相談

関連施設

  • 人工透析センター
  • 睡眠時呼吸障害センター
  • みたき在宅ケアセンター
  • 四日市健診クリニック
小児リハビリのご案内
産前・産後のエクササイズ等のご案内
大腸CT検査のご案内
病診連携によるMRI、CT検査のご利用案内
病診連携によるMRI、CT検査のご利用案内(歯科用)
下肢静脈瘤に対する高周波(ラジオ波)治療
ページの先頭へ戻る