睡眠呼吸障害センター
私たちは人生の1/3を睡眠に費やします。身体と心の健康には良い眠りが不可欠です。

睡眠呼吸障害センターへようこそ

 睡眠呼吸障害センターでは、睡眠時無呼吸症候群を中心に睡眠障害の診察と治療を行っています。
睡眠について不安のある方、病気でお悩みの方は、是非当センターを受診してください。

睡眠時無呼吸症候群とは

 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome : SAS)とは、寝ている間に何度も呼吸が止まり、夜間に十分な呼吸ができなくなる病気です。
 眠っている間に呼吸が止まると、身体に取り込まれる酸素の量が少なくなります。その結果、脳から覚醒反応が生じ、睡眠中にも関わらず脳が起きた状態に近くなり、きちんと睡眠時間を確保していても脳と身体は十分に休息できず、睡眠の質が悪くなるのです。
 10秒以上呼吸が止まる事を無呼吸と定義します。重症の方では1分以上も止まることがあります。
 睡眠中に生じる病気なので、ご自身では気づかない場合が多く、ご家族やベッドパートナーに指摘されてはじめて気づくという方も珍しくありません。

睡眠時無呼吸症候群の定義

睡眠時無呼吸症候群の定義

一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上、または睡眠1時間あたりの無呼吸や低呼吸の回数が5回以上起こる状態

睡眠時無呼吸症候群の危険性

合併症

 睡眠時無呼吸症候群(SAS)は様々な合併症を高率に引き起こします(図1)。
米国の調査では、健常人と比べSAS患者さんでは高血圧は2倍、虚血性心疾患は3倍、脳血管疾患は4倍、糖尿病は1.5倍発症する可能性が高いと報告されています。

合併症

 重症SASでは合併症の為、約4割が9年後に亡くなっているというデータもあります
(図2)。

生存率

交通事故

 また交通事故を起こす頻度は中等度以上のSASではSASでない人に比べて7倍も高くなるとの報告があります(図3)。

交通事故頻度の比較

初診の患者さまへ

まずは当院の耳鼻咽喉科を受診してください。

059-330-6000

診療時間

午前診療 午前9:00〜正午
午後診療 午後4:00〜午後6:00
休診 水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日
※第1・3・5週土曜日の午前は診療します。

来院に必要なもの

 健康保険証、現在内服中の薬剤リスト、今までに受けた健康診断結果、かかりつけ医療機関の紹介状、などをご持参ください。

患者様向け情報

睡眠時無呼吸症候群

センターについて

睡眠呼吸障害センタートップへ
みたき総合病院 産婦人科

診療時間のご案内

午前診療 午前9:00〜
正午
※第2・4週土曜日の耳鼻咽喉科は休診
※第5週土曜日の泌尿器科、第2・4・5週土曜日の整形外科は休診
※土曜日の整形外科は特殊外来(身障・労災判定・紹介・入院・他)になります
午後診療 午後4:00〜
午後6:00
リウマチ科 午後2:00〜
午後4:00
(予約制です)
面会時間
月〜金
午後2:00〜
午後8:00
土・日・祝
午前11:00〜
午後8:00
休診
水曜日午後
土曜日午後
日曜日・祝日
年末年始
(12/30〜1/3)
外来診療担当医表
常勤医師紹介
入退院・社会福祉等に関するご相談

関連施設

  • 人工透析センター
  • 睡眠時呼吸障害センター
  • みたき在宅ケアセンター
  • 四日市健診クリニック
小児リハビリのご案内
産前・産後のエクササイズ等のご案内
大腸CT検査のご案内
病診連携によるMRI、CT検査のご利用案内
病診連携によるMRI、CT検査のご利用案内(歯科用)
下肢静脈瘤に対する高周波(ラジオ波)治療
ページの先頭へ戻る