Education 教育について

Education

学ぶ意欲に、
全力で応えるチカラ。

クリニカルラダーに基づいた、
充実の教育サポート体制で
働く一人ひとりの向上心に応えます。

Purpose

教育目的・目標

教育理念

生命の誕生から急性期、回復期、慢性期、
いのちの最終段階まで、
さまざまな経験を通じて、
ひとりひとりが主体的にキャリア開発に取り組み、
責任ある行動がとれる看護師の育成と支援を行う。

教育目的・方針

  1. 1.社会人としての責任と自覚をもち、みたき総合病院の規範に沿って行動できるように教育環境を調整する。
  2. 2.ライフワークバランス・役割・成長過程を尊重した生涯学習を支援する。
  3. 3.専門職業人に必要な知識・技術を段階的に習得し、個々の対象に応じて倫理的視点をもった看護実践ができる教育体制を整備する。

教育目標

  1. 1.看護専門職として、主体的に学ぶことができる。
  2. 2.自己の看護観をもち、研究的態度を身につけることができる。
  3. 3.組織の一員として、役割と責任を自覚した行動ができる。
  4. 4.患者の全人的苦痛を理解した看護が実践できる。
  5. 5.対人関係能力を養い、チームの一員として心豊かな人財に成長することができる。

Message

教育担当者からのメッセージ

キャリアアップを目指しやすく、
ライフステージに合わせて
働ける病院です

みたき総合病院をひと言で表すなら「あらゆるライフステージに合わせて働ける病院」です。そしてその背景には、新人教育はもちろんのこと、それぞれの目指すキャリアに応じてスタッフを支える教育支援の充実があります。
具体的には、教育委員会のマニュアルに準じて年間計画のもと教育研修を実施し、日々の現場では個々に合わせた指導を行っています。看護師だけでなく介護士や看護補助者にも教育委員会があり、研修会を開催しています。
院内研修として教育委員会主催による新人看護職員研修や看護研究研修などを行うほか、三重県看護協会主催など院外の研修参加に対しても積極的に支援しています。院外研修への参加は勤務時間外や費用の自己負担を求められることが多い昨今、当院では一般研修だけでなく、実習指導者講習やファーストレベルなどの長期の研修も出張扱いとなり、病院が研修費用を負担しています。病院が必要とする認定看護師において研修支援を受けられる可能性も高く、キャリアアップを目指しやすい環境が整っています。
さらには本年度からe-ラーニングを導入し、職場や家のパソコンだけでなく、スマホで、どこでもさまざまな内容を学べるようになりました。看護実践へと生かせるように、今後はさらなるe-ラーニングの活用を推進し、各部署での取り組み方法なども協議していきます。

私たちが大切にしていきたいことは、「感謝」と「謙虚」、そして「働きやすい環境づくり」です。
当院では、子育てや介護などそれぞれの家庭事情などにより、しっかりと働き難いスタッフに対しても、周囲のスタッフの理解があると思います。とても働きやすい環境であり、ありがたいなと私も身をもって感じています。能力や仕事に費やせる時間はさまざまだと思いますが、その中で医療従事者として、患者さま、ご家族さまに向き合ったケアをしていきましょう。

教育担当
新堂 文

看護実習生の方へ
当院では看護実習生もたくさん受け入れています。学生さんには、実習で当院の雰囲気を肌で感じ取っていただき、素敵な看護師さんになって、一緒に働けるとうれしいです。

就職先をご検討されている方へ
みたき総合病院にはさまざまな部署があります。日々いろんなことが学べ、教育支援も充実しているので、キャリアアップも目指せます。私自身、毎日いろんなスタッフに助けられて仕事をさせてもらっていて、職場環境も良いなと肌で感じています。

Programs

教育プログラム

一人ひとりに合った
段階的教育で
ステップアップを
しっかりとサポート

クリニカルラダーシステムの導入

看護師一人ひとりの知識や技術などを段階的に習得できるように計画し、人材育成を目指すシステムとして、看護協会版クリニカルラダーを導入。
当院だけではなく全国レベルで共通して活用できる指標としながら、段階に応じた看護実践能力の強化を図ります。また看護師も自身の到達度がわかることで、やりがいをもって自己研鑽やステップアップにのぞめます。

クリニカルラダーシステム


2025年に向けて世界に例の少ない少子・超高齢・多死社会を迎える日本では、医療提供体制の変化に伴い、暮らしと医療を支える看護提供システムの構築が求められています。その実現には、基盤となる看護実践能力の強化や、働く場・働き方の多様化の理解と推進が必要となります。そこで、あらゆる施設や場で活動可能な看護師の育成・教育支援、継続性の強化のため、個々の看護師が所属する施設の枠にとどまらず、全国レベルで共通して活用可能な指標として、「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」を開発することとなりました。

当院では、平成31年の運用に
向けて看護の基礎となる
看護実践能力を
強化するために
「4つの力」の育成を目指します

  1. Point01

    意思決定を支える力

    ケアの受け手が立ち会う場面(治療、最期の迎え方等)において、その人らしい選択ができるための意思決定を支える

  2. Point02

    ニーズをとらえる力

    ケアの受け手をとらえ、判断しその人に適した方略を選択する

  3. Point03

    協働する力

    ケアの受け手を中心に、情報やデータを多職種間で共有し、ケアの方向性を検討、連携する

  4. Point04

    ケアする力

    ケアの実施・評価を行う(PDCAサイクルや看護過程の展開)

その他の教育体制・制度


チームで人材育成を支援
~教育委員会の活動~

より質の高い看護の実践を目指して、看護教育を推進する教育委員会を設置しています。新人教育など、クリニカルラダーシステムのレベルに合わせて教育研修計画・運営を検討するとともに、e-ラーニングの活用を推進します。
委員会メンバーはもとより、看護部長、各所属の師長、また新人教育においては指導にあたるプリセプターとも連携しながらチーム一丸となって人材育成にのぞみます。

看看連携の進む北勢エリア
~院内外研修へ積極的に参加~

三重県北勢エリアは病院など医療介護関連施設との連携が進む地域。看護師間のコミュニケーションが盛んに行われ、定例会や研修・学会・勉強会などの教育活動も地域全体で取り組んでいます。みたき総合病院では院内で行われる研修はもちろん、看護協会主催をはじめとするさまざまな院外研修にも積極的に参加できるようサポートしていきます。

インターネットを活用した
学習システム
~「e-ラーニング」を導入~

2018年春より、看護師をはじめとした全職種に対応する学習システムとして、学研のe-ラーニングを導入。パソコンやスマートフォンなどを活用しながら、院内はもちろん自宅など、いつでもどこでも、そして何度でも学べる環境を整えています。