病院紹介

Hospital

元気と笑顔があふれる職場。

みんなで支え合い、助け合いながら、
楽しくお仕事に取り組んでいます。

Ward

病棟・その他の部門紹介

5階 療養病棟

5階病棟は急性期での治療が終了し、慢性疾患としての治療及び日常生活ケアを必要とする患者さまや、継続リハビリを必要とする患者さま、また維持透析を必要としている患者さまを主に受け入れています。特に高齢の方が多く、長期入院となる患者さまが多い中、一人一人の療養生活の場ととらえ、その人らしく生活できるために、日々カンファレンスを行い看護と介護が協働しケアに取り組んでいます。また毎月お誕生日会を行い、患者さま、スタッフとの交流の場をつくり、より良い環境づくりに努めています。

4階 回復期リハビリ病棟

脳神経外科は、脳出血・くも膜下出血や脳梗塞治療後の患者さま、整形外科は、大腿骨頸部骨折や大腿骨転子部骨折、股関節変形症などの手術後の患者さまがリハビリ目的で入院しています。主治医、PT・OT・STや地域連携室と情報交換しながら、退院後の生活に向けてチームでのアプローチを行っています。安全で安楽な入院生活を提供できるような病棟づくりを目指しています。

3階 一般病棟

内科・整形外科・泌尿器科・耳鼻咽喉科・外科・緩和ケア内科の混合病棟です。泌尿器科・耳鼻咽喉科・脳神経外科・外科の手術も行っています。主に近隣病院から急性期治療を終え安定期に入った患者さまの継続治療やリハビリ、また外来からの急性期疾患の患者さまが入院されています。患者さま・家族から信頼され、安心して入院できる病棟を目指しています。

3階 手術室

産婦人科、泌尿器科、外科、耳鼻咽喉科、整形外科、脳神経外科の6科の手術を行っています。2017年の手術件数は370件でした。勤務体制は日勤のみで常勤4名、パート1名です。休日夜間の緊急呼び出しは交代制でオンコールにより対応しています。現在手術室は産婦人科病棟に併設して専用に1室、他科対応に2室あります。
2019年には新棟の開設により、1室増えます。新しい取り組みに伴い日々の勉強と共に患者さまに配慮した手術室看護を目標に頑張っています。私達は中央材料室も兼務していることから、助手3名とのコニュニケーションを大切にしながら楽しく仕事をしています。非日常な空間で患者さまが少しでもリラックスしていただけるよう、音楽を流したりして優しい雰囲気づくりを心がけています。

2階 人工透析センター

患者さまが安心・安全・快適に治療を受けていただけるよう、良質のチーム医療を実施し提供しています。最高の治療を患者さまに提供するために最新機器の導入を積極的に行い、安心で安全な治療を受けていただけるよう、透析機器のメンテナンスをしっかりと行っています。

人工透析センター

2階 産婦人科病棟

産婦人科病棟では、安心してお産に臨めるように、妊娠中の生活や出産に関する知識を持っていただく目的で母親教室を開催しております。産後は自信を持って育児をしていただけるよう、授乳をはじめとする赤ちゃんのお世話の指導を行い、ゆったりとした病室で赤ちゃんとともに過ごしていただいています。

産婦人科病棟

1階 外来

外来は安全で適切な医療を受けていただくための最初の窓口です。来院される方々が安心して受診できるように、笑顔と親切な対応を心がけ、日々の診療介助や看護業務に励んでいます。当院は7の診療科と内視鏡の業務を担います。子育て中の看護師も多いため、各外来が横の連携を取りながら、みんなで応援体制をとり、看護業務に励んでいます。

緩和ケア病棟

患者さまがその人らしく、尊厳をもって過ごしていただけるよう支援するとともに、病院と我が家の間にある「もうひとつの家」として、大切な時間を快適に過ごしていただくためのお手伝いをします。

緩和ケア病棟

Committee

委員会活動

教育委員会


  • 看護協会のラダーシステムを導入。
  • 新人教育やラダーレベルに合わせた研修計画・運営の検討。
  • 学研のeラーニングの活用を推進する。

業務委員会


  • 看護手順、業務マニュアルの見直しと改訂を行う。
  • 看護補助者との協働を推進する。
  • 業務改善に関する検討を行う。

記録検討委員会


  • 看護記録監査の実施。
  • 看護記録基準と手順の見直しと改訂を行う。

看護部安全委員会


  • 医療安全の問題検討と事故防止対策の推進活動を行う。

CS委員会


  • 患者さまからの意見を共有し、患者さまサービスの向上に努める。
  • 看護職員の接遇の向上を図る。

感染対策委員会


  • 患者さま及び職員の感染防止に努め感染対策活動を行う。